このように、最近のウィッグは、昔からある、薄毛を隠すためにあるかつらとは大違いで、多種多様なのです。
では、これら、ファッションで使うウィッグは、昔はなかったものですが、なぜ、近年、人気が出てきたのでしょうか?
それは、近年における髪型の自由化にあると思います。
一昔前と比べると、若者層の髪型はかなり自由になってきました。
女性が驚くほどのベリーショートにしたり、男性でも髪を伸ばす人もいたり、いろいろな髪型の人がいる世の中になりましたよね。
男性の長髪はだらしないと思われていたのはかなり昔で、今では「長髪の男性が好き」と言う女性も多いのです。

また、年齢を問わず、髪を染める人が大幅に増えてきました。
一昔前と違って、ほとんどの方がヘアーカラーをしています。
また、市販されている白髪染めもおしゃれな色のものが増えましたよね。
昔は、「髪を染めているのは不良」と言うイメージがありましたし、一般の方は髪色を染めるなど日常的ではありませんでした。
ですが、最近は若い方から年配の方まで、多くの方がヘアーカラーをしていて、また、ヘアーカラー剤も豊富な種類が販売されていますよね。
このように、髪型、髪色が多様化している現代において、ウィッグは、「違う髪形を誰もが気軽に楽しめる」ということで、需要が高いのだと思います。

さて、みなさんも「髪型を変えてみたい」、とか、「イメージチェンジしてみたい」などと思うことがあると思います。
私なんて、いつもそう思っていますよ。